言葉だけを信じてはいけないよ

「メラビアンの法則」をご存知でしょうか?

「メラビアンの法則」は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)心理学名誉教授であるアルバート・メラビアンが、彼の著書『 Silent messages(邦題:非言語コミュニケーション)』の中で発表した、「コミュニケーションの際、話している内容と、声のトーンや態度に矛盾があった時、人はどんな受け止め方をするか?」ということを研究し、法則化したものです。

感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと

  • 言語情報:話の内容、言葉そのものの意味⇨7%
  • 聴覚情報:声の質・速さ・大きさ・口調⇨38%
  • 視覚情報:見た目・表情・しぐさ・視線⇨55%

といった割合で研究結果が出ています。

つまり、見た目、表情、しぐさ、視線などが
コミュニケーションの際、大きく影響するということですね。

極端な例を出すとすれば、
怒ったような表情で
「あー楽しかった」と言われても、
「本当に楽しかったの?」と不安になりますよね?

表情から得られる情報の方が優先されることが多いようです。
表情と深層心理というのは
実は深く結びついているようです。

私は口はうまいけど裏表のある人、嘘をつく人も
今までに見てきました。

そういう人の、言葉だけを信じてしまうと痛い目にあいます(笑)
ところが、表情を観察していると
本心が見えてくることが結構あります。

表情から読み解ける性格や深層心理を
今日はいくつかご紹介します。
ただし、「単なる癖」という場合もありますので、
全員に絶対当てはまるというわけではないので
ご参考までに。

①顔の左側には本心が現れる

表情が左右違ってなんとなく違和感がある、、、
そんな時は左側を見ると良いです。
(向かって左ではなく、相手にとっての左)

例えば、
右側は口角が上がっていて、目が笑っていても、
左側は全然口角が上がっていなかったり、
目が笑っていない場合は、
実は心では笑っていない可能性があります。
また、「左側を手で隠す」などの仕草は、
口ではいいことを言っていても、
本心は違っていて、
本心を隠そうとしている場合があります。

気をつけましょう。

②にっこり笑顔は「あなたを受け入れます」のサイン

左右違和感なく、にっこり自然な笑顔は

「あなたを受け入れます」のサインです。

こちらもにっこり自然な笑顔をすれば
相手にも安心感を与えることができるでしょう。

③会話中に無表情になる時は「触れられたくない話題」の時

④まばたきが多い時は
「嘘をついている」または「不安や緊張が高まっている」時

⑤常に上目遣いの人は、依存傾向あり

常に上目遣いの人は、心理的依存が強く、

絶対服従のサインでもあります。
仕事上は頼りにならないことが多いようです。

⑥眉の動きでわかること

・両眉が上がる時は「感心」している時

・片眉だけ上がる時は、「疑い」の気持ちがある時
・眉間にシワを寄せる時は「敵意、怒り、不信、疑惑」
の気持ちがある時

⑦ポケットに手を突っ込む仕草をするのは隠し事がある時

言葉とは裏腹に、本心でなく、隠しごとがある場合があります。
他にも、
人を警戒・威嚇している心理。
精神的に不安定・考え込んでいる心理がある場合もあります。

上記のような表情や仕草は、
つい無意識に出てしまうようですね。

何につけても、やはり「心の持ち方」が大事。
キレイな心は自然に外に現れ、
自然に相手に伝わります。

不誠実であったり、本心と嘘を言っていると、
本人は隠せていると思っていても
無意識に外に現れてしまうんですよね。

正直、誠実、相手を思いやる心を持って
コミュニケーションをとることが
やはり一番信頼関係を築けるのだと思います。

そして、正直で誠実で相手を思いやれる
優しい心の方は、人を信じやすいので、
口の上手い人には騙されないよう、
言葉だけを信じるのではなく、
表情や仕草もしっかり観察して、
本当に信頼できる人と関わっていきましょう。

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。
皆様の人生がより豊かで上質な毎日となりますように。

ブログランキング
AD

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyright © 地蔵ガールらしくてハッピーなシンプルライフを送るぞ‼︎ブログ All Rights Reserved.