出会い力を高めよう

何かのイベントに参加する時
新しい環境に身を置く時、
必ず新しい人たちとの出会いがあります。

ちょっとした心がけで
その出会いをより良いものにできるようになります。

今日はそのコツをお伝えします。

新しい場に行く前に心がけることは?

①リサーチをする

主催者、まとめ役の人はどんな思いを持っているのだろう?
どんな会にしたいと思っているのだろう?
それに対してどんな考えの人が集まるのだろう?
これらを事前にリサーチし、その趣旨に沿った行動を取れるようにしましょう。

②TPOに合わせた服装をする

主催者の考えに寄り添い、
どんな雰囲気の会にしたいのか考えます。
明るくカジュアルな雰囲気にしたい会であれば、
カジュアルに。
ビジネスの雰囲気であればスーツなど。
そこでもし、雰囲気に合わない服装をしてしまうと、
会の雰囲気を壊してしまうことになるので注意が必要です。

また、自分の立場としての服装も考えます。
主役がいれば、主役より目立たないようにする
配慮などが必要です。

それから、服装だけでなく、
香水はきつすぎないか、口臭はないか
香りにも配慮しましょう。

③自分の中で目的を決める

そこへ行って何を得て帰ってきたいのか、
会が終わった時には、自分はどんな状態になっていないのか
これを先に明確にしていきましょう。
そしてその状態になるためには、
どんな人と何を話せばいいのか?

をはっきりさせて行くと濃い時間を過ごすことができるでしょう。

話す内容を簡素に分かりやすく伝えられるよう、
事前に準備しておくとよりスムーズにコミュニケーションが取れます。

会の最中に心がけることは?

①笑顔と良い姿勢

ブスッとしている、
話しかけられた時だけ笑顔になる
腕組み
壁にもたれかかる

これらはあまり良い印象ではありません。
気づかないうちに意外と見られていますので、
姿勢と笑顔は心がけ、相手を受け入れる体制を整えておきましょう。
また、講演会などで真面目に話を聞くのは良いのですが、
真面目過ぎて怖い顔に見える時があるので、
リラックスした表情で頷きながら聞くと良いと思います。

あの人に近づきたいな、この人に来てもらえて嬉しいな、
と思ってもらえる人になれると、
周りから寄って来てもらえるようになります。

笑顔と良い姿勢は相手への思いやりでもあります。

②言葉遣い

どんな間柄であっても
やはり最初は丁寧な言葉遣いが大切です。
最初からタメ口を使うのは
受け入れてくれる人もいますが、
そういうのを嫌う人も結構多いです。
相手を敬うという意味でも、丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

③話題選び

最初の挨拶としては当たり障りのない話題から
入るのが無難です。
最初から、突っ込んで聞くと、警戒されてしまうので、
初めは天気、所持品、服装、についてなど、
共通して目に見えるもの、
相手が答えやすい話題がオススメです。

そしてだんだん、相手の趣味を聞いたり、
相手の人が話しやすい話題に移っていきます。

自分が知らない話題でも、大丈夫です。
「そうなのですね!私はあまり詳しくないので
是非教えてください」
と素直に知らないことを認めて
伝えてしまえばいいのです。
すると意気揚々と話をしてくれます^^

笑顔で頷きながら話を聞きましょう。
共感するときは、相手の言った言葉を
オウム返しするとスムーズに会話が進みます。
すごいと思ったときは、素直に伝えたり。

もし、相手が話すのが苦手な人であれば、
こちらから自分のことを話すことで、
だんだん心を開いてくれます。

会話でNGなのは、
悪口、苦労話、自分の話ばかりする、
自分の価値観で決めつける、
否定する、ジャッジする、
相手の話題を奪ってしまう、
相手に恥をかかせる(専門用語を使って相手を困らせるなど)

などです。

④会話の中でアンテナを張る

とにかく多くの人に触れ合いたいという目的であれば、
③で広く浅く関わっていけば良いでしょう。

ですが、「この人」と思う人を見つけ、
次に繋げていくのであれば、会話の中でアンテナを張り、
情報収集をしていかなければ、
浅い話題で終わってしまいます。

例えば

「今の仕事をしようと思ったきっかけは何ですか?」

このような、きっかけを聞く(動機を聞く)
質問を投げかけると、相手の価値観が見えてきます。
共感できる価値観であれば、

この人に自分は何ができるだろう?
この人が必要としていることは何だろう?
この人が喜ぶポイントは何だろう?

そういった観点で会話をしていきます。
自分がすでに持っている情報で
お手伝いできることがあれば提供したり、
その時できなくても、
いずれお手伝いするための情報として聞いておいたり。
相手に喜んでもらえる機会が増えれば増えるほど、
必要としてもらえたり、
だんだんと距離を縮めていくことができるようになります。

⑤主催者やゲストスピーカーへ配慮する

話をしているとのめりこんでしまいがちですが、
主催者が全員に向けて話をし始めたら、
進行を妨げないよう、一旦自分の話をやめましょう。
もし相手の人が気づかず話し続ける場合には、
丁寧に一旦断りを入れて、後で話してもらうようにしましょう。

また、主催者やゲストスピーカとは
みんなが話したいと思うので独り占めしないようにし、
周りの人を巻き込んで一緒に話せるようにしましょう。

どうしても個人的に話したい時には
みんなが群がっている時に行くのではなく、
トイレに行かれた時やご飯を取りに行った時などの
少し2人きりになれそうな時間を見つけて話しかけましょう。

会の後に心がけることは?

①繋がりたい人の情報をメモ

これからも繋がりたいと
思った人の情報をメモしておくと良いです。
出会った人全員メモしても良いですが、
人数が多いと大変ですので
本当に繋がりたい人に絞っても良いかなと思います。

次回会う時に、そのメモを見直すと
すぐその時のことを思い出すことができます。
すると、
・同じことを聞かなくて済む
・相手は自分のことを覚えてくれたことで
喜んでくれますし、こちらにも興味を持ってくれる
・もっとお互いのことを知れる、距離を縮められる
このような良い効果が生まれます。

②お礼のメールまたは電話を入れる

こちらについても、全員は大変かと思いますので、
またこれからも繋がりたい人に絞って良いと思います。

あまり遅くなると拍子抜けするので、
翌日の10時頃までには入れると良いでしょう。

細かなビジネスの話などを
会の最中にできなかった場合に
お礼を兼ねてメールか電話で伝えるのも良いと思います。

以上、出会い力を高めるコツでした。
出会い力を高めるには、やはり「相手への思いやり」
が大切です。

また、出会いたい人に見合った自分になれるよう、
普段から自分の品格を高めておくことも大切です。

上質な出会いに必要な要素、それは、

品格
相手への思いやりの心
(会話などの)スキル
(出会いの場へ行く)行動力

これらの4つです。
これらを高め、上質な出会いをし、
上質な繋がりを作っていきましょう。

出会い力を高めることで人生もより豊かになっていきます。

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。
皆様の人生がより豊かで上質な毎日となりますように。

ブログランキング
AD

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyright © 地蔵ガールらしくてハッピーなシンプルライフを送るぞ‼︎ブログ All Rights Reserved.