厳しさも優しさのうち。

困っている人がいたら
助けてあげたいとか、

悩んでいたら
救ってあげたいとか

自分がその人のためになんとかしてあげたいと
思うことがある。
今まで、助けてあげることは優しさだと思っていたけど、
ちょっと考えが変わってきています。
手を差し伸べることが
すべていいわけじゃない。
厳しく、敢えて手を差し伸べないことも
優しさであったりする。

それは、

その人が、自分の力で解決できるって
信じることでもあるから。

kibisiku
その人は、誰も助けがなければ、
自力で解決しなければいけないけれど、
それによって
自立して、解決できるようになる。

もし途中で手を差し伸べてしまったら、
その人は自分で解決したことにならない。

その人がまた同じ困難にぶつかった時、
また誰かの助けがなければ
乗り越えられなくなってしまう。

それよりも、
自分で乗り越えられた
経験と自信をつけられるように
敢えて何もせず、見守ることが大事な時もある。

助けることが、その人にとっての
本当の幸せに繋がるかな?と考えた時、
助けない方がいいこともあるんだよね。

その人の問題と
自分の問題は
切り分けて考えることが
時には必要。

優しすぎて
尽くしすぎて
疲れちゃう人は
こういう見方を持つことも大切かもしれないね。

厳しくすることが
時には必要。

それは相手のもともと持っている力を
信じることでもある。

また、
自分自身を大切にすることでもある。

kibisisa

ただ、言い方は大切に。
相手の人が傷つかないよう、
持てる力を発揮できるように伝えよう。

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。
皆様の人生がより豊かで上質な毎日となりますように。

ブログランキング
AD

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyright © 地蔵ガールらしくてハッピーなシンプルライフを送るぞ‼︎ブログ All Rights Reserved.