【後悔しないように生きるための8つ方法】新しい一歩が踏み出せる!

夢を叶える・成長するために

あとから考えると、「こうすればよかった」
と考えてしまうことは誰しもあるかと思います。
でも、その時には、それが一番いい方法だったのです。
だから後悔は一切必要なしです。

大切なのは、「今、ここから何をするか」です。
新しい一歩を踏み出す時、何をしたら良いのか、具体的にみていきましょう!

①幸せは自分で作るものと決める

幸せは自分で決めて作るものです。考えているだけでは何も変わらないので、
まずは自分で作ると決めましょう。

②なりたい姿をイメージする

今、新しい一歩を踏み出したいと思ったら、なりたい姿をイメージしましょう。
今お金があるとかないとか、時間があるとかないとかに関係なく、
どんな風になりたいか、イメージします。
イメージすることは無限大です。

③やってみたいことを紙に書き出してみよう

やってみたいことを、なんでもいいので紙に書き出してみましょう。
一気に書き出してもいいですし、思い浮かんだら都度書き出す形でもOKです。
みんな、過去の日記はつけるけれど、未来の日記(?)未来にどうなりたいかは
あまり毎日書かないですよね。でも、未来のことをワクワクしながら毎日1個ずつでも
書いて更新したら、楽しいと思いますよ!

④「いつ」を決めよう

やってみたいことは、「いつ」そうなっていたいですか?
日にちを入れてみましょう。
優先順位がついてくると思います。

⑤どうしたら実現できるか、やることを細分化してみよう

優先順位がついたら、どうしたらそれに近づけるのか、やることを洗い出していきましょう。
もし、何をしたらいいのか分からなければ、
もうすでに実現している人の情報を見てみましょう。

⑥実現している人の輪に入ってみよう

実際に実現している人たちのコミュニティに入ったり、何かの形で近づいてみると、
思わぬところから情報が入ったりします。
また、そういう人に相談してみるのもいいでしょう。

⑦できるかできないかより、やるかやらないか

新しいことを始める時、つい失敗したらどうしよう、と先々のことを気にして
なかなか前に進めないこともあるでしょう。
ですが、完璧主義をまずは手放してみましょう。
上手くできるかできないかは一旦置いておきましょう。
やってみると何かが見えてくるはずです。
楽しくなってのめり込むかもしれないですし、そんなに合わなかったと分かって、諦めがつくこともあります。
それはそれで良いと思うのです。「やってみたからわかること」
やってみなければ、どんな気持ちになるかなんて誰にも分からないのですから。

⑧まずは一歩踏み出してみよう

最後に、簡単に一歩踏み出す方法をお伝えします。
立って気をつけの姿勢にします。
右足を前に出します。
体重を右足にかけます。

はい、これで一歩進みました!笑

あとは、左足、右足とリズムに乗って進むだけです。
実は簡単なことなのです。一歩踏み出してしまえば、意外とそのまま前に進めてしまうもの。
まずは一歩、なんでも良いのでやってみたいこと、やりたかったことに向かって
踏み出してみましょう。

まとめ

以上をまとめると

①幸せは自分で作るものと決める
②なりたい姿をイメージする
③やってみたいことを紙に書き出してみよう
④「いつ」を決めよう
⑤どうしたら実現できるか、やることを細分化してみよう
⑥実現している人の輪に入ってみよう
⑦できるかできないかより、やるかやらないか
⑧まずは一歩踏み出してみよう

です。ぜひ試してみてくださいね!
<おまけ>
朝の時間を夢のために使いましょう!!
つい、やるべきことに追われがちですが、「朝の時間は夢のために使う」
と決めて、いつもより早起きして習慣化しましょう。
人生が豊かに充実した日々になり、より良くなっていきます。
早寝早起きを心がけよう!!簡単にできる9ステップも是非ご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました