朝気持ちよく起きるためにできる9つの方法

朝、気持ちよく始められるかどうかで、1日の充実度が変わってきます。
朝、気持ちよく過ごせないと、1日も同様に。
反対に、気持ちの良いスタートを切れると、1日が気持ちよく過ごせます。

① スヌーズボタンを使わない

スヌーズボタンは使わずに、1回で起きましょう。
昨晩に「この時間に起きる」と決めたことは、朝一すぐに実行しましょう!
そこで決めたことができた!ということが自信になり、良い1日をスタートすることができます。
いつかは起きなければいけないのであれば、早い方が良いです。
起きる瞬間は辛くても、起きてしまえばやっぱり良かったと思えます。
それを習慣づけていきましょう。

② 毎日、同じ時間に寝る

不規則な生活は、体にも負担をかけます。
できるだけ同じリズムを体に覚えさせることで、習慣化してスムーズに眠りにつけるようになります。
次の日が休みと思うと、つい夜更かしをしてしまいがちですが、そういう日であっても、できるだけいつもと同じ時間に寝るように心がけましょう。
同様に、起床時間も同じ時間を心掛けることで、それもまた体が覚えて、スムーズに起きられるようになるので、朝も同じ時間に起きることを心掛けていきましょう。

③ 起きたらコップ一杯の常温の水を飲む

寝ている間に失われた水分を補給する効果があります。
また、腸の活動が活発になり、お通じが良くなり、良い体調で一日をスタートさせることができます。

④ 朝一にソーシャルメディアを見ない

ソーシャルメディアは知らず知らずのうちに、時間をとられてしまいます。
見終わったあとに、時計を見て、後悔した経験はないでしょうか。
もっと大事なことに朝の時間を使いましょう。
また、朝の脳は活発ですので、せっかくなら有意義な勉強などに使いましょう。

⑤ 感謝することを3つあげる

感謝することは、幸せホルモンを増幅させます。
朝から幸せやポジティブな感情になることで、良いスタートを切ることができます。

⑥ 簡単に部屋を掃除する

掃除をすると、部屋が綺麗になり、心地よく過ごせるようになるだけでなく、
心も一緒に掃除され、気持ちがスッキリしますね。
簡単でもいいので、掃除する習慣を取り入れてみましょう。

⑦ネガティブなニュースを見ない

ネガティブなニュースは、どうしても感情がそちらに引っ張られてしまい、思考がネガティブになってしまいます。
せっかくの1日の始まりでは、ネガティブニュースを避けて、ポジティブな心を保てるように意識しましょう。

⑧ 新鮮な空気を取り込む

寝ている間に、部屋の空気は知らず知らずのうちに淀んでいます。朝の新鮮な空気を取り込むことで、淀んだ空気が一掃され、心も体もリセットされます。

⑨深呼吸をする

深呼吸はリラックス効果と、緊張をほぐす効果ががあります。
また、酸素を体内に取り込み、脳の活動を活性化させ、集中力をアップさせることができます。
ゆったりと落ち着いた朝を過ごし、そして、集中して物事に取り組んでいけるよう、深呼吸を取り入れてみましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?
気持ちの良い朝を過ごし、良い一日を過ごされることを祈っています!
ぜひ習慣化してみてくださいね。

最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました。
お気に入り(ブックマーク)登録していただけると嬉しいです!
皆様の人生がより豊かで上質な毎日となりますように。

ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copyright © ハッピーシンプルライフを送るためのブログ All Rights Reserved.